投稿

はいっ!WINSにっきをご覧の皆さん、ご注目っ!

イメージ
特技は噛み技、さとしです!
ブログを書くのが久しぶりですが、噛まないようにがんまりまふっ!(早速かよ笑)

単独公演「桐華祭」に来て下さった方々はおわかりかと思いますが、人前で話す機会が一番多い役職を務めさせていただきました。あるときは部員の前で、あるときは観客の皆さんの前で。そんな私も皆さんの前でお話する機会もこれで最後です・・・。(>o<)/
ですが、かといって寂しい思いもないのでつらつらと書いていきます!

ということで早速話題に入っていきたいところですが、その前にっ!
突然ですが、

!!!私の大好きなブログランキング!!!

  \\ふぅ~↑↑いえ~ぃ↑↑//

いきなり、ごめんなさい・・・。実は私、いつも欠かさず読んでいるブログがありまして、紹介させていただきます!(早くしろ)

ダダダダダダダダダダダダ、ダダン!
1位 筑波大学男女ラクロス部さん
   と一橋大学体育会應援部さん です!
(1位だけかーい)

どちらも我々WINSにとって、そして私にとっても大事な存在です。というのも、ブログを読む度に、私は勝手に元気やる気を貰っていました。どちらのブログも日常の何気ないことから、最近あった面白いこと、ときには本気で真面目で熱い想いも綴られています。試合ではなかなかお話できない、選手やMGの皆さんの練習の様子や想いに感激し、環境は違うものの、応援する同士の生活や熱意に共感したり勇気づけられたりしてきました。応援活動を続けてきた中で、読む度によっしゃがんばろって気持ちにさせてくれました。私にとってはどちらのブログも「応援」してくれる存在だったのです。

私がこれまで活動してきて大切にしてきたことの1つに「応援に形はない」があります。部員にも伝えてきましたが、相手を後押しするものは全て応援であって、いわゆる「応援部」のかたちで応援するものが「応援」の全てではないということ。声が枯れるまで声援を送り続けるのも応援、練習が進めやすいように準備・後片付けを素早くすることも応援、演奏会やイベントの宣伝に協力することも応援、ブログを書くことも読むことも応援。どんな形であれ、相手を想って行動することは応援ではないか。そんな風に思っています。自己満足と言われればそれまでですが、その応援という行動で何かしら良い方へ進んでくれたとしたら、何より嬉しいし…

リーダー部の1年間を振り返って

イメージ
こんにちは。元リーダー長のかつやです。
今回は桐華祭のリーダーステージに関する話をしながら、1年間を振り返りたいと思います!チア、バンドと来て最後はリーダーです!
前二人と比べて落ち着いた内容になってしまいますがご了承ください。リーダーに関する事はどうしても真面目にしか話せないんです...。プロテインに関してはとってもテンション高く語れるんですがね...。


まずは今年度の目標について話していきます。
今年のリーダー部の目標は「己と向き合う」でした。応援やステージ、日々の練習を通して自己理解を深めてもらいました。
この目標は、自分の「応援は芸術である」という信念から導かれたものです。
詳しい説明は省略しますが、応援は芸術であるからこそ何か伝えたいことがあります。伝えたいことがなければ応援という行為は成り立ちません。
伝えたいことは何なのか。その違いが個性であり、応援活動での軸となります。
さらに、リーダー部は観客の皆様に応援をお願いする立場です。自分の考えが固まっていないのに人にお願いをすることはできません。
これらのことから、自己理解を深めて各自伝えたいことを見つけてもらいたくて、リーダー部の目標は「己と向き合う」というものにしました。
この目標が達成されたかどうかは、次の代のステージや応援を見に行って確かめてください!


そして、今年度の活動の集大成であった「桐華祭」におけるリーダーステージについて述べていきます。
我々リーダー部員の迫力が凄すぎることが原因で、観客の皆さんのカメラが一斉に不具合を起こしてしまうのは余りにもよくある話!
今回の桐華祭も多分に漏れず、チア、バンドステージと比べて写真の数が少なかったです笑


~~
筑波大学応援部WINSでは、最前列にいるリーダーを「センターリーダー」、その後ろにいる大勢のリーダーを「受け」と呼んでいます。以下の内容はそのことを把握したうえでお読みください。
~~


まずは、学園祭でも披露致しました「筑波颪」です!


筑波颪とは筑波山から吹き降ろす激しい北風のことで、部員の動きはそんな北風を表現しています。主将も学ランではなく青い袴でセンターを務めあげ、学園祭よりも迫力の増した筑波颪になりました。

また、筑波颪では太鼓にも注目してほしいです!筑波颪の太鼓は全演目の中で飛びぬけて難しく、求められる筋力とテクニックが桁違いなんです…

【検証】アンサンブルバンド部Tuttiって知ってる?振り返ってみたら驚きの結果に…!

イメージ
ブンブンハローWINSにっき!どうもこんにちは、前アンサンブルバンド長のつばさです😎
はい、という訳で今回は「アンサンブルバンド部Tutti」の1年間の振り返りということでね、第7回桐華祭きっての名演目「アンサンブルバンドステージ」も思い出しつつ振り返っていこうと思います🎊
それでは早速、行ってみよう👊\オーッ/



Q.そもそも今年のアンサンブルバンドの目標って何?
A.本年度我々アンサンブルバンド部Tuttiの目標はこれです↓
 そう、「誇り」ですね。このなんともインチキ臭い笑顔でスケッチブックを持っているのが僕です。
今年のアンサンブルバンド部は➀「応援部としての誇り」(他音楽団体には無い「応援部」としての良さ)➁「バンドとしての誇り」(チアやリーダーにはない良さ)の2つの誇りを発揮すべく1年間活動してきました。
部員数過去最大となった本年度のアンサンブルバンド部Tutti、音圧的にも人間性的にも多種多様、史上最高に賑やかなバンドでした💥

と、早速ではありますが、ここで皆さんに我々をもっと好きになってもらえるよう、一つ豆知識をご紹介致します。

【Tutti豆知識 ≪名前の由来編≫】
これまで話題に上げてきた我々「アンサンブルバンド部 Tutti」。
「そもそもTuttiって何?」「なんて読むの?」という方の為にお教えします💁
読み方はトゥッティ、意味は簡単に言うと「全員で演奏すること」。
「アンサンブルバンド部Tutti」、何と素敵なネーミングなのでしょうか…👏


そんなことは置いといて、1年間の集大成となったこの「第7回桐華祭 アンサンブルバンドステージ」の振り返りに参ります🎼!
本年度我々はこのアンサンブルバンドステージ(通称「バンドステ」)では「ディスコパーティーⅢ」というメドレー形式の曲を演奏しました💃

拍手喝采狂喜乱舞、一同スタンディングオベーションだったと噂のこの演目、果たしてどのようなものだったのか。御来場になれなかった方でも分かるよう、写真付きで振り返っていきましょう📷



 この堂々とした立ち姿。これは1曲目「恋のナイト・フィーバー」を演奏している様子です!誇り高く華やかに、今年のバンドステは幕を開けました🎌
ブログではそのサウンドが伝わらないのが残念でなりません😭😭😭

そして写真をご覧になればお分かりかと思いますが、我々バ…

1年間を振り返って~チアリーダー部FROGGIES~

イメージ
みなさん、お久しぶりです😊🙌
最近、WINSでもバイト先でも「大人っぽくなったね!!」と言われてとても嬉しいです🙌🏻
(元)チアリーダー長のはなです🌸

今日はこの1年間のチアリーダー部 FROGGIESを振り返っていきたいと思います!
私たちFROGGIESは、1年間「常笑」を目標に活動してきました!
部員全員がFROGGIES、そしてWINSにいて心から楽しいと思えるチームを追求していくこととチアリーダーの武器である笑顔を大切にすることを意識して練習や応援、ステージに取り組み、多くの舞台で1人1人が笑顔の大輪を咲かせ、それが1つになった時にあふれるパワーや魅力を選手のみなさんや観客の方々にお届けしてきました!
どの一瞬を切り取ってもキラキラした思い出です😌

そして、この1年間を振り返る上で忘れてはいけないのが桐華祭!!
1年間を締めくくるとてもとても大切なステージでした✨
今日は、その桐華祭のチアリーディングステージの様子をちょっと覗いてみましょう👀

それぞれの代の”色”が出るこのステージ。
幹部になりたての頃から、チア幹部で話し合いを重ねて、曲や構成を考えてきました。
時にはぶつかったり、話し合いが長時間にわたることもありましたが、全員が輝けるためにはどうしたらいいか、1人1人の長所を最大限に生かすためにはどうしたらいいかなど、あらゆることを幹部全員が納得いくまで熟考できた時間であり、同期の絆をさらに深められた時間でもあったと思います🥺✨

そんな幹部の愛がギュッとつまったステージを後輩のみんなと一緒に形にしてきました!

まずは、円陣で全員の心を1つにします。
輪になってみんなの笑顔をみると緊張が和らぎます😌


スタンツは今年もたくさんの大技に挑戦し、見事全上げすることができました👏🏻👏🏻👏🏻
夏にメンバーを発表してから、各メンバーで試行錯誤し、時には悔しい思いをしながら練習を重ねてきました。全員の諦めない気持ちと妥協のない努力が実った瞬間でした!!
スタンツが成功する度に観客席から拍手や歓声が聞こえてきて、とても嬉しかったです!ありがとうございました🙇🏻💗



スタンツの次はダンスになります💃🏻✨ 今年は曲中に”コール”と呼ばれる演目を組み込むという新たな試みをしました!
「blue and white」と観客の皆さんにも言っ…

桐華祭!!

イメージ
こんにちは!
チア3年のかほです🌷
今回は、皆さんお待ちかねの【桐華祭】についてです!!!
筑波大学応援部WINSは、先日1/27(日)ノバホールつくばにて、「第七回単独公演 桐華祭」を開催いたしました。



このステージは、1年間の集大成であり、私を含む多くの3年生にとってはラストステージでもあります😢
この日の成功を目指して部員一同練習に励んでまいりました。
特に肌寒い季節となってからは、本番への意識も強くなり、部員一人一人が「ワクワク」「焦り」「やりがい」「悔しさ」「達成感」「楽しさ」「もどかしさ」といった様々な感情と向き合い続ける日々だったと思います。
その中の一つに「大きな会場がお客さんで埋まるのか?」という不安もありましたが、なんと!当日は、約600名もの方に足を運んでいただきました👏部員一同大変うれしく思います。ありがとうございました。
皆様に、私たちの「笑顔」と「元気」が届き、「明日からがんばろう!」と前向きな気持ちで会場を後にしていただけていたら嬉しいです。

では、笑いあり涙ありの激アツ桐華祭を演目順に簡単に振り返りたいと思います。


【応援歌】 力強い呼び鼓とともに「第七回単独公演 桐華祭」がスタートいたしました。
この曲は、各ステージや体育会応援の初めに披露され、部員にとってもなじみ深い演目です。

【各部ステ】 チア、リーダー、バンドの各部がソロステージを行いました。
各部の魅力や絆について書きたいことが山ほどあるのですが、今回は割愛させていただきます。
次回以降に各部の長がた~っぷり書いてくれる予定なので、お楽しみに♡

【HT】 毎年曲や構成が変わり、その年ならではの応援部WINSを堪能できる演目となっています。難易度の高いスタンツや3部の掛け合いなど見どころも盛りだくさんです。メンバー全員でゼロから作り上げるため、必要となる練習量は多いですが、その分部員の思い入れも大きく、私個人としても1番好きな演目です😊
今年度はAAAの「Wake up!」にのせて、弾ける笑顔とパワーをお届けいたしました。

【体育会応援メドレー】 私たちが普段行っている体育会応援を再現し、会場の皆様にも試合の臨場感を感じていただけたのではないでしょうか?光栄なことに、今年度も、男子女子ラクロス部さん、アメフト部さん、硬式野球部さんをはじめとする多くの体育会応援に行か…

桐華祭まであと一週間!

こんにちは!
桐華祭直前という超重要なタイミングのブログを任され珍しく緊張していますリーダー3年のどかです!🥐

今日のブログでみなさんにお伝えするのは、

『桐華祭広報ステージ』と『桐華祭』についてです!

まず、桐華祭広報ステージは昨年の12/10お昼休み
にWINSお馴染みの2.3学間天の川で行いました!

いよいよ来週に迫った【桐華祭】をより多くの方に知って頂くために、お馴染みのメドレーなどを披露させて頂きました!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

このステージは特に、観客の皆さんとの距離が近いというところが私はとても好きです❣️
皆さんが手拍子などで盛り上がってくださっている様子を間近に感じることができますし、私達の想いもいつも以上に伝えることができるのではないかなと思います。

観に来て下さった皆様ありがとうございました!

またこの日は観れなかったという方もYouTubeにステージの様子が公開されていますのでぜひご覧ください🌟
(こちらから↓)
桐華祭広報ステージ


そして、このステージで初のお披露目となったのが........

そう!Tからコールです!!!

このコールは元々あったコールを我々がステージで披露できる形にアレンジしたものになります!

↓コール詳細↓

〈WINS〉
「Tから始まる!」

〈WINS &皆さん〉(太鼓)
 「T!」(ダダンダダン )
 「S!」(ダダンダダン )
 「U!」(ダダンダダン )
 「K!」(ダダンダダン )
 「U!」(ダダンダダン)
 「B!」(ダダンダダン)
 「A〜!」(ダン!ダン!ダン!)

〈WINS &皆さん〉
「まだまだつくば!」(ダンダダンダン)
「ここからつくば!」(ダンダダンダン)
「いけいけつくば!」(ダンダダンダン)
「Let’s go つくば!」


このコール、もう覚えて頂けたでしょうか???

桐華祭当日も披露しますので、Tから始まる!という部員の声が聞こえたら、ぜひこの掛け声を一緒に叫んでくださいね☺️
(疾走感溢れるコールなので気づいたら終わってしまいます!🏃‍♂…

アメフト応援

イメージ
こんにちは!
チア3年、体育会応援企画アメフト応援担当のわーちゃんです🌟

いつの間にか2019年を迎え、
ついにWINS最大のステージ
そして私たち3年生の引退公演《桐華祭》(1/27)がもう目の前です🔥

3年間、あっという間だなあ…!
全力で駆け抜けるので私たちの集大成、見にきてくださいね♡



全力で駆け抜けたのは私たちだけではありません。

「筑波大学アメリカンフットボール部EXCALIBURS」さんも全力で戦い、その応援に駆けつけました。


この秋、私たちは4回応援にいかせていただきました。
その中で10/7に筑波大学セキショウフィールドで行われた試合応援から各部の紹介をしたいと思います。


10/7、晴天の中ホームゲームということでたくさんのお客さんも迎えて行われた試合でした。私たちは、「試合中の応援」と、「ハーフタイムショー」をおこなわせていただきました📣

試合中、アメフト部さんの熱い試合展開に応援部の熱気も高まります。

リーダー部は、観客の皆さんのそばで、応援のリードを行います。
試合展開を即時に見極め、どんな時も前向きに大きな声を出して応援する姿は同じ応援部員として心強い限りです☀️






チアリーダー部は、キラキラ笑顔✨で応援します。
アメフト応援ならではの応援曲やコールを勝利の追い風になるよう心を込めて行います。


バンド部員は、”音”にしてその熱い想いを届けます。
でも、それだけじゃないんです。楽器を持ったままジャンプしたり走ったりパワフルな応援もお手の物!
(ジャンプはチアよりも高いとか、そうじゃないとか…?!)




そしてこちらはハーフタイムショー!
みなさんにおなじみの曲をたっぷり使ったメドレーを披露しました。
観客の皆様がしてくれる手拍子や掛け声は、私たちへの声援となりより頑張る原動力となっています👍
一緒に盛り上げてくれありがとうございました!




天気も暑い!選手も熱い!応援部、観客の皆さんの応援も熱い!
🔥アツアツ🔥の1日となりました。

そんな熱気を体験したいそこのあなた!
来季は是非我々と一緒にアメフト部さんを応援しましょう😁
会場でお待ちしております🕺✨



選手の皆さんは勝つために努力し厳しい練習を積んで試合に望んでいる中で、応援部ができることはなんなのだろう。

勝利への直接的な力ではないからこそ、工夫の仕方は無限大だと思うしその可能…